群馬下仁田へ(八木沢雅弓)

群馬下仁田へ(八木沢雅弓)群馬下仁田へ 発酵室では炭、手作業の経木納豆。蒸煮直後の大豆は甘かった~。これが納豆に変わっていくと考えると、本物の納豆ってすごくおいしいものなのだなと感じました。(群馬県下仁田/下仁田納豆)

工場見学の時には、蒸し上がった大豆を従業員さんが手作業で経木に詰めていました。発酵室の中は、温度を上げるために炭を使うなど、昔ながらの方法がとられているそうです。社長さん曰く、『昔ながらの方法や手作業でやっているのはこだわりをもってやっているのではなく、これが本来のやり方で一番おいしくできる方法だから』なんだそうです。これが本当のこだわりなんですよね。


おすすめの100冊
電子辞書・PDAの最新情報
人気の海外ブランド時計
最新ソフトウェア

coffee breakカテゴリ

納豆文化村記事一覧